ネズミの駆除方法について

ネズミを駆除する方法としては、殺鼠剤、忌避剤の薬剤を用いたもの、シートやカゴを用いて彼らを捕まえるもの、超音波で彼らにストレスを与えるものがあげられます。

忌避剤は彼らの嫌がる匂いや成分でネズミを追い払うもので、スプレーのもの、くん煙や蒸気を撒くもの、設置するものがあります。

これらは数日から数週間効果が持続し、繰り返し用いることでネズミに学習させます。



殺鼠剤は彼らが好む餌に薬を混ぜて食べさせる方法です。


即効性のあるものと、彼らが気付かずに何度か食べることで効果のあらわれるものがあります。
これらは餌場への置きやすさを重視した固形のもの、持ち帰りやすさを重視した袋状のもの、足や体に付着させる粉末状のものがあります。

粘着性のシートやカゴは、物理的に彼らを捕まえて駆除する方法になります。


食べなれているものをエサとして使い、彼らの通り道や出入り口近くに仕掛ける必要があります。


糞尿や壁に残った体の汚れなどの、ラットサインがある場所に重点的に設置するとより効果的です。

これらは人の匂いで警戒する場合があるため、設置の際は手袋などを用いて匂いをつけないようにする必要があります。


超音波を用いたものは、忌避剤と似た効果を持ちます。

自分に合った朝日新聞デジタルの情報がいっぱい詰まったサイトです。

超音波を発生させることによって、屋内を彼らにとってストレスのかかる、居辛い環境にし、彼らを外へと移動させる駆除方法になります。

効果が現れるまで数週間と時間がかかりますが、殺鼠剤やネズミ捕りカゴを用いた時のように、ネズミの死体を処理する必要がない利点があります。